柴村工務店

ブログ

BLOG
ブログ
BLOG
ブログ
「C値が必要な理由その2」呉市リノベーション高気密ブログ 投稿日:2022年02月16日
結露による壁内の腐敗や腐朽菌を防ぐ
冬の乾燥した外気と比べ、家の中は湿気が大量に発生しています。
その為、外壁や床などの隙間があると、
隙間から湿気が壁内に流れ込んでしまい、
壁の中で結露して柱を腐らせ、壁の中の腐朽菌を増やしてしまいます。

隙間の多い家では、湿度のコントロールが十分にできません。
夏場は外の多湿な空気が侵入し家の中でも蒸し暑く、

冬場は室内の最適な湿度が外に逃げていきます。

夏場、冬場に室内と室外を行ったり来たりする湿気は壁内で結露をおこし

構造材にダメージを与えてしまうので、家の腐敗を防ぐためには、

家の隙間を可能な限り少なくすることが必要です。
ページ先頭へ
ページ先頭へ

CONTENTS
コンテンツ
CONTENTS
コンテンツ
お電話でのお問合せ
0823-72-8283
お電話でのお問合せ
0823-72-8283
資料請求
お問合せ
ページトップへ