ブログ
ホーム > ブログ > 「住まいの不満vol.2」呉市床下冷暖房高気密高断熱ブログ
「住まいの不満vol.2」呉市床下冷暖房高気密高断熱ブログ 投稿日:2019年07月11日
■日本の家の考え方

 

吉田兼好の徒然草に

「家の作りやうは、夏をむねとすべし。

冬は、いかなる所にも住まる。

暑き比わろき住居は、堪へ難き事なり。」

とありました。

 これは

「住まいの建築は、夏を考えて造りなさい。

冬は、住もうと思えばどこにでも住める。

猛暑の欠陥住宅は我慢ならない。」

という意味です。



しかし、現代は住宅に「健康」という事を考えています。

 その点から考えると冬に快適な家にする方が合理的と言えます。

 

家の中での死亡事故のワースト1はヒートショックに

よる死亡事故です。

2011年の交通事故での死亡件数は4611人。

 一方、ヒートショックでの死亡は1万7000人と
「ヒートショック...」の画像検索結果

交通事故の約4倍という数字です。

 家の外より家の中の方が危険であると言う事になります。

 

家の中で健康を守る為には冬の暖房機をメインに

快適性をアップさせる事が健康で快適な家になると

考えておく必要があります。

 

 

ページ先頭へ