ブログ
ホーム > ブログ > 8月 2019
「棟上げ式」呉市工務店上棟ブログ 投稿日:2019年08月30日
先日、棟上げ式、無事終わりました。





雨の予報だったので、心配しましたが、

通常の行いが、良かったのでしょう(笑)

雨に降られることのなく、曇り空

熱中症の心配もなく、終わりました。

図面上だはなく、形になっていくと、実感が、わいてきますよね(#^.^#)

 

ページ先頭へ
「床下冷暖房について」呉市リフォーム床下冷暖房ブログ 投稿日:2019年08月28日

床下冷暖房って何?

 

床下冷暖房とは、簡単に言うと、

普通のエアコンを部屋ではなく、床下に設置する暖房方法です。

床下に設置することで、基礎そのものを暖め、

床下から家全体を暖房することができます。

・全部屋をエアコン1台で暖房できること。
・床下からの輻射熱で暖めるため、不快な温風が当たる事がない

など、非常にメリットが多く、もともとは、北海道で開発されたものですが、

この頃は、地域に関係なく増えている暖房方法です。

床下冷暖房のメリット

 

まず最初のおすすめポイントは、
どこの部屋に行っても、さほど室温の違いを感じずに済むということ。

冬を思い出して下さい。

洗面所の凍え死にそうな寒さ
暖かい布団から出られない朝
足元から冷え込むキッチン

これらは、解消されます。それだけではありません。

部屋から、エアコンが消えますので、とても室内がスッキリします。

また、買い替えるエアコンも1台で済みます。
これからは、各部屋についているエアコンを一斉に交換する必要がないのです。

これらが床下冷暖房のメリットです。

床暖房と床下暖房の違い

 

 

床下暖房をよく床暖房と混同される方が多いので、違いを簡単に説明します。

床暖房というのは、床材の中、もしくは、床材と床下地合板の間にある熱源を使って、
床材を暖め、暖房する方法です。
メリットは、手軽に導入できること。直接風があたらない。場所を取らないなど。
デメリットは、ランニングコストが高め。メンテナンスの難しさ。
無垢床材が使用できないことなど。

床下暖房は、床下空間に、太陽熱やエアコンなどで作った暖かい空気を循環させることにより、
床下全体を暖房します。
エアボレーは、床暖房ではなく、床下暖房になります。
メリットは、ランニングコストの安さ。メンテナンスの容易さ。
家全体を暖めることができること。
ページ先頭へ
「家計にも優しい床下冷暖房」呉市床下冷暖房優しいブログ 投稿日:2019年08月22日

床下冷暖房って知ってますか.

その名の通り、床下の空間の空調をして室内に空気を送り込む冷暖房システムです。

おすすめポイントは “ 優しさ ”

吹き出し口からゆっくりと空気が送り込まれるので、 “優しい” 暖かさ。

ヒートポンプに使った空調なので地球環境にも “優しい”

1フロアを1台のエアコンで冷暖房できるので、

初期費用も電気代も低コストで家計にも “優しい”

ちなみに床暖房は、名前の通り暖房のみなので、夏にはエアコンが必要です.

エアボレーは、冷暖房なのでこれひとつで、空調はばっちり

家じゅう均一な温度で保たれる“温度バリアフリー”なので、

ヒートショックなど体への負担の少なく快適に過ごせます。

床暖房とは違い、床材の選択は自由!

 

高齢者の方や、子育て世代など、1日中お家で過ごす方、

家の冷暖房を常につけたままにする方には特におすすめです.
ページ先頭へ
「電気代も低コストのエアボレー」呉市注文住宅床下冷暖房ブログ 投稿日:2019年08月17日

床下冷暖房システム「エアボレー」で夏も冬も快適に過ごせる

床下冷暖房システムのエアボレーは、階段の下に設置したり、
エアボレーの上も、物が置けるカウンターしたり、デザインは自由!



リビングを吹き抜けにしても、冬は1階の暖気が2階に上がり、1台のエアボレーで

1階も2階も暖かく過ごせます。


エアボレーは、1台でワンフロア全ての空調を管理できる設備で、床下に設置されている

ダクトが、夏は床自体をほんのり冷やし、冬はほんのり暖かくします。
さらに、各部屋に設置された吹き出し口からは、夏は冷気、冬は暖気が流れ出し、

全ての部屋を同じ温度で快適に保ちます。

床下と室内の両方を効率良く温度管理し、室内を快適温度に保ってくれて、

電気代も低コストのエアボレー。
光熱費の負担が大きい北海道で生まれた【頼れる&賢い】床下冷暖房システムなんです。 
ページ先頭へ
「エアボレー電気代」呉市工務店実例ブログ 投稿日:2019年08月14日
みなさんが気になる「床下冷暖房を取り入れたら、光熱費は?」

 そんな疑問の答えではないですが、

 当社で、エアボレーを取り入れたお施主様の協力いただいて

 2018~2019.6の1年半の電気代をグラフにしました。

 エアボレーの家・電気代 

立地、広さ、設定温度など、違いは多くあるので、あくまで参考にご覧ください!!

 6月~8月は、設定温度26℃・モードはドライ・24時間運転

 12月1月は暖房を24時間運転
ページ先頭へ
「ゾーナイタリアインチェントロ 駐車場」呉市リフォームランチ会ブログ 投稿日:2019年08月12日
仲良しママ友との定例ランチ会第4回 

今回も広島!広島県立美術館内にある

“ゾーナイタリアインチェントロ”に行ってきました。

駐車場の割引を確認すると美術館の駐車場が、、

でも、高さ制限が1.7m・・・入らない(>_<)

お店に確認すると、高さのある車でも大丈夫です。との返答!

HPが、訂正されてないだけなのかな?と出発🚙

なのに、、、美術館の駐車場の入り口で、警備に方が、手で、大きな✖

え~( ;∀;)

もう近くの有料駐車場にとめるしかないか、、、、

あきらめようとしたら、お店に確認してくれたママ友が、再度お店に確認!

高さの車でも大丈夫とは、近くにある縮景園の駐車場のことでした。

同じように、割引の受けられると、

そーならそーと、最初から教えてくださな!!

縮景園の駐車場に止め、美術館の駐車場の前を通っていくと、

あっ!  貼り紙に 

1.7m以上の車は、縮景園の駐車場にお止めください!

書いてあるし、、、

だったら、駐車場の警備?係の方が、口頭で、案内してくれても・・・

最近は、背の高い車の方も多いと思うので、

駐車場、入らないという思いをした方も少なくないと思います。



とりあえず、広島県立美術館及びその中にある施設を利用されるときは、

縮景園の駐車場でも、同等のサービスが受けられますよ~

「駐車場 イラス...」の画像検索結果

 

ページ先頭へ
「はるかぜvol.9」呉市床下冷暖房究極の冷暖房ブログ 投稿日:2019年08月10日

床下冷暖房システムについて研鑽を重ねてきた

私たちが辿りついたのが、 この“はるかぜ”です。

はるかぜは人体への影響が少なく、

省エネにも つながることが立証されています。

これからの個人住宅の究極の冷暖房 であると

自信を持っておすすめします。

ページ先頭へ
「つばめのひな?!」呉市注文住宅巣立ちブログ 投稿日:2019年08月8日

昨年、到来し、せっせと巣作りしていましたが、

結局、卵を産んだ気配もないまま、冬を超え、



今年もやってきた!!それもつがいで。

卵も産んだ様子で、巣の中に身を隠すように温めていましたが、、、

ある日、帰宅すると、巣ごと卵が3つ落下し、割れていました(>_<)

大きな鳥を襲われたのか、巣の作りが、あまかったのか・・・

数日、2羽とも、家の近くから、離れませんでした😢

それから、2羽だったのが、1羽になり、

その1羽も、戻らなくなっていましたが、



ふらっと戻ってきて、壊れたままになっていた巣をみるみるうちに修復!!

来年の為に準備か?と思っていたら、

あら?つがいになってる!

「ひながふ化してる~!」

道理で、ずっと巣の中をのぞいてたんだ!

でも、遅くない?と思って調べてみると

同じ巣で2度、卵を産んだりするらしい(なるほど)

それからは、ひなの成長が、楽しみ(#^.^#)

どんどん大きくなって


いつ、飛び立つだろうと、思っていたら、

今朝、いなくなって、いました。



寂しい気持ちは、ありますが、、、

また、来年、戻ってきてね(#^.^#)


 

ページ先頭へ
「住まいの不満vol.3」呉市工務店暖房期の快適性ブログ 投稿日:2019年08月6日
日本には四季があり、1年の中で冷房期は6月中旬から長くても9月中旬。

 
それに対して暖房期は11月上旬から3月下旬まで。

 
地域差はあると思いますが、一般的には冬場の暖房期の方が長い地域が多いのです。

 
なんとなく4分の1ずつ四季がある様な感覚がありますが実はそんな事はないんですよね。

 
それを考えても現代の家は「冬の暖房期」に快適な家づくりを考えていく必要があります。

 
当然暖房期に気をつけながら設計していくことによって

夏の冷房期の性能も上がって行く事になります。

 
冬の暖房期の快適性にこだわった家造り考えてみませんか。
「暖かいイラスト」の画像検索結果

 

 

ページ先頭へ
「はるかぜvol.8」呉市リフォームお客様の声ブログ 投稿日:2019年08月4日
         お客様の声



猛暑日でも涼しく、真冬日でも暖かいわが家は、温度差のない身体にやさしい快適空間です。

マイホームの新築を依頼した柴村工務店から「はるかぜ」の提案がありました。

妻が寒がりということもあり、1つのエアコンで1階の空間全体じんわり暖めてくれるので、

すごく快適で、たいへん満足しています。

真夏の猛暑日でも、真冬の寒さが厳しい日でも、帰宅して家に一歩足を踏み入れると、

室内はとても快適な環境で冷えたり、暖まったりを待つこともありません。

基本的に年中つけっぱなしで、わが家の電気料金の月額は、平均で1万5千円程度です。

洗面脱衣室にも導入しているので居室との温度差がなく、冬場の入浴後も安心。

温度バリアフリーも実現しています。
ページ先頭へ