ブログ
ホーム > ブログ > 「はるかぜvol.7」床下冷暖房ブログ
「はるかぜvol.7」床下冷暖房ブログ 投稿日:2018年07月25日
        比べてみる

ここでは、一般的な住宅の一年間の内気温とはるかぜを設置した住宅の一年間の内気温と

を比較しました。グラフのブルーの線が屋外の気温(外気温)、オレンジの線が建物内の

気温(内気温)です。一般的な住宅は一年間の内温度の変化が大きく、真夏は、外気温と

同程度の30℃近くまで上がり、真冬は10℃近くまで下がっていて気温差が大きいことが

分かります。一方、はるかぜを設置した住宅は内気温が一年を通して20℃前後と

暮らしやすい室温であることがわかります。



【はるかぜを設置した住宅】広島市安佐南区/Nさま邸

このグラフは広島市安佐南区のはるかぜを設置した住宅で測定したものです。

外気温、内気温は毎日正午の計測し、1か月ごとの平均値をグラフにしています。

内気温ははるかぜの電源を入れたまま、リビングで計測しています。





【一般的な住宅】広島市東区/Kさま邸

このグラフは広島市東区の一般的な住宅で測定したものです。

外気温、内気温は毎日正午に計測し、1か月ごとの平均値をグラフにしています。

内気温は適宜エアコンを使用したリビングで計測しています。



ページ先頭へ