ブログ
ホーム > ブログ > 「床下冷暖房について」呉市注文住宅床下冷暖房ブログ
「床下冷暖房について」呉市注文住宅床下冷暖房ブログ 投稿日:2019年05月1日

床下冷暖房って何?

床下冷暖房とは、簡単に言うと、

普通のエアコンを部屋ではなく、床下に設置する暖房方法です。

床下に設置することで、基礎そのものを暖め、

床下から家全体を暖房することができます。

・全部屋をエアコン1台で暖房できること。
・床下からの輻射熱で暖めるため、不快な温風が当たる事がない

など、非常にメリットが多く、もともとは、北海道で開発されたものですが、

この頃は、地域に関係なく増えている暖房方法です。

床下冷暖房のメリット

まず最初のおすすめポイントは、
どこの部屋に行っても、さほど室温の違いを感じずに済むということ。

冬を思い出して下さい。

洗面所の凍え死にそうな寒さ
暖かい布団から出られない朝
足元から冷え込むキッチン

これらは、解消されます。それだけではありません。

部屋から、エアコンが消えますので、とても室内がスッキリします。

また、買い替えるエアコンも1台で済みます。
これからは、各部屋についているエアコンを一斉に交換する必要がないのです。

これらが床下冷暖房のメリットです。

床暖房と床下暖房の違い

床下暖房をよく床暖房と混同される方が多いので、違いを簡単に説明します。

床暖房というのは、床材の中、もしくは、床材と床下地合板の間にある熱源を使って、
床材を暖め、暖房する方法です。
メリットは、手軽に導入できること。直接風があたらない。場所を取らないなど。
デメリットは、ランニングコストが高め。メンテナンスの難しさ。
無垢床材が使用できないことなど。

床下暖房は、床下空間に、太陽熱やエアコンなどで作った暖かい空気を循環させることにより、
床下全体を暖房します。
エアボレーは、床暖房ではなく、床下暖房になります。
メリットは、ランニングコストの安さ。メンテナンスの容易さ。
家全体を暖めることができること。
ページ先頭へ