ブログ
ホーム > ブログ
「はるかぜpart.4」呉市床下冷暖房ブログ 投稿日:2019年03月23日
        仕組みを知る(冬編)

  床下冷暖房システムは、床に直置きしたエアコンの冷暖気が床下に張り巡らされた

 ダクトを通って、部屋の隅の設けた通気口(床ガラリ)から出てきて部屋全体を

 循環します。冬は床表面が床暖房のように温かく、家の基礎内部を暖めることで

 蓄熱効果がアップし、家全体が温まります。設置する、はるかぜ専用エアコンは 

大型一台なので、初期費用はかかりますが何台ものエアコンを使う場合に比べ 

ランニングコストは安くすみます。(※イラストはイメージです。)

ページ先頭へ
「トランポリン」呉市リフォームブログ 投稿日:2019年03月21日

FullSizeRender

安佐南区長束にできた

トランポリンパーク『GET AIR』(ゲットエア)

子供の部活の仲間14人と保護者7人で行ってきました。

FullSizeRender


バスケ部の彼らは、
「バスケットエリア」のトランポリンでダンクシュートをするのにハマっていました。

当日は、雨でしたが、天候に左右されないので、充分、遊べました。



次の日「肩が痛い・・・」

普段使わない筋肉を使うんでしょうね(笑)

 

ページ先頭へ
「はるかぜpart.3」呉市工務店心地いい家ブログ 投稿日:2019年03月18日
一年中快適な家づくりに大切なこと


断熱×気密

家は断熱と気密が大切です。外壁、屋根、床、窓など外と接する部分から、冬なら暖かさを

逃がさないよう、夏なら暑さが入らないことが大切です。そのためには、家の気密を高め、隙間風が

入らないようにすることが大事です。



パッシブデザイン

パッシブデザインとは、太陽の光、熱、風といった「自然エネルギー」を建築的に最大限利用し

て、快適な家づくりをする設計手法です。風通しの良い家や夏はリビングが影になる家、冬は

長く日が差し込む家などがその例です。冷暖房などの設備機器は最小限の利用で済みます。



温度バリアフリー

今までの日本の住宅は「トイレや廊下、洗面所が寒い」というイメージでしたが、家の中の温度

差を極力無くすことを温度バリアフリーと言います。そうすることでヒートショックや様々な健康

への害を防げるだけではなく、家の中での活動範囲が広がります。
ページ先頭へ